Vélo riche

自転車競技やってます。主にシクロクロスという競技やってます。

富士山×2

4/26土曜日

チームのヒルクライマー2人と富士山を二回登るツアーへ
f:id:riche1977:20140427210436j:plain
6:30に調布インター手前のファミマで拾ってもらい、中央道で富士吉田の道の駅まで乗せてもらう。
連休初日なので渋滞にはまるかと心配したが、ギリギリ巻き込まれず予定通り到着。
道の駅に車を駐車して一本目のあざみラインまで。プロでもキツイと言うあざみラインだが、ここに25tの鉄下駄パワータップで挑む。
初めてのコースなのでペース配分は余力を残せるように、パワー表示を見ながら上げすぎないように。

馬返しを過ぎるとキツくなるらしいので、そこまではイーブンで登る。ほとんどシッティング。
馬返しを過ぎるとしばらくは10%以上の斜度。勾配がキツくなるところで掛けて、クリアしたら休むペダリングの繰り返し。
まあ苦しいね、今までの登坂で一番キツい山だ。さすが富士山だね。
距離的に最後の急斜面かと思い駆け上がると、コーナー抜けてまた急斜面で最後は一人で笑ってしまうがなんとか登りきる。タイムは1時間2、3分だったかな?

下って、籠坂峠?をダラダラ登ってスバルラインへ。途中のコンビニで補給するが、このタイミングが後の悲劇を招く事に。

スバルは80分くらいで行こうとTさんが提案。
しかしKさんとゆる〜く200W以下で登る。こりゃあ80分無理かなー?みたいな感じで談笑しながら登っていると、3合目の手前で雨に降られる。しかもアラレ混じりの冷たいやつ。強度の割りに気温が低くて暫くすると180Wも出せなくなる。キツいとは感じなかったが力が出ない。
やってしまった、ハンガーノックだ。残りの補給を摂るがもう遅い。Kさんとはここでお別れ。
やめて下ろうかと思ったが考える事も面倒くさかったのか、出せるパワーでひたすら登る。
なんと100分もかかった…
勾配的にはあざみより全然余裕だったのに、補給も含めたエネルギーマネージメントが全然出来ていなかった。
結果論だけど、あざみ下ったあとに直ぐ補給するべきだった。エネルギーに変換される時間を逆算しないと駄目に決まってる。自走じゃないからその辺を甘く見ていたかも。

それにしても1日で3000m以上の獲得標高は過去最高。帰りも渋滞に捕まることなく帰宅。Tさんには車出してもらって、行き帰りも運転してもらい本当に感謝。
ガーミンからデータ取り込んで、ご飯食べて、ストレッチして風呂入ってビール飲んで、奥さんにマッサージしてもらって寝る。

かなり充実の連休初日だった。
f:id:riche1977:20140427210242j:plain
f:id:riche1977:20140427210259j:plain