読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vélo riche

自転車競技やってます。主にシクロクロスという競技やってます。

スターライト幕張

11/8土曜日

6:00起床
今日は近場で試走開始も遅いのでいつもよりゆっくりめ。
朝食におにぎり二つ食べて車に荷物積んで出発。玄関でスタバのタンブラー落として壊してしまった。。。
高速もそこまで混んでいなくて8:00前に幕張メッセの駐車場に着いた。
シクロクロスチームのメンバーとクラブ員と挨拶して、受付までボーマのテント設営手伝ったりした。

受付済まして試走へ。
キャンバーというか落ちて登るみたいなセクションが何カ所かと、バンク、テーブルトップ、2連バリア(30cm?)が一カ所ずつ、後は平坦でテクニカルなパートやキツい所はそこまで無い印象。

f:id:riche1977:20141109155103j:plain

ここ「二曲坂」以外はね。。。 写真:スターライト幕張Twitterより

第一レースなので試走でしっかり上げる。心拍も95%くらい上げれたので木金の完全レストは正解だったかも。

召集

ゼッケンは10番だったので2列目のつもりが、DNSが何名かいたようで1列目へ。
集中していたらチータマの金子さんに「緊張してんのかー?」とコース脇から早速のヤジ。
おかげで力みが取れました。ありがとうございます。
しかし、集中してたのか、気が抜けていたのかレッグウォーマーを脱ぎ忘れてしまったことに気付いたのはスタート15秒前。

 

レース

カメラマンのおださんに撮ってもらえない…と思ってピストル見てたら号砲が鳴る。

ペダルが重く感じたのと、クリート嵌らず番手を下げて最初のコーナーへ。
ホームストレートで何とか番手を上げて先頭パックでバリアへ。
奥のキャンバーでピナゾーのやまちゃんが詰まる。「ごめーん」と言われたが「まだ大丈夫追っていこう!」と声をかけて踏み直す。ここでセカンドパックが形成される。

先頭パックはスネルシクロクロスチームのミラクル中学生ダイキ、ABOVEのエツオさん。
こっちは脚が合うのがやまちゃんくらいなので、早めに追いつくためにさらに上げる。
2周目の「二曲坂」で前に追いつく。
ダイキが若干モタついていたが脚があるのは知っていたので、エツオさんと4人で行くことにする。
どこだったか分からないが、やまちゃんが千切れた。周回数は6周で確定。残りは4周

3周目、4周目あたりは3人のなかで駆け引きがあった。独走に持ち込みたいダイキ、エツオさんとまだ一人旅がしたくない自分。
三人パックでエツオさんと自分はこのまま行けば昇格確定なので、無理はしないし脚も残す。
中学生相手にセコい作戦だけど、勝負事だし三船さんに教わったことを忠実にこなす。

f:id:riche1977:20141109160000j:plain

自分の子供でもおかしくない中学生に引いてもらう情けない大人 写真:シクロワイヤード様


「二曲坂」は3人の中で自分が一番得意だと分かったので、5周目にここをアタックポイントにした。

f:id:riche1977:20141109160028j:plain

気持ちだけはニノ・シュルターです・・・ 写真:シクロワイヤード様


前に出て少しペースが落ちてきたダイキに「行くぞ!」と檄を入れて踏む。
その後もミスらしいミスは無く、トップで最終周へジャンが鳴る。
先頭キープでバンク抜けて二つ目のコーナーで後輪がグリップ失う。
しかし、転けることはなかった、56式8の字の成果だろうか?焦らず立て直すことが出来た。
最後の星形のコーナーセクションで周回遅れを抜く。後で聞いたのだけど、このときダイキとエツオさんがが引っ掛かってしまったらしい。
そんなことも知らず、立ち上がりからギアを掛けて踏んで行く。ホームストレートを一番で入ったら、下ハンもってもがく。どんなカテゴリでも人生そう何度も勝てるチャンスはない。

f:id:riche1977:20141110192220j:plain
写真:マリオさん

後ろを確認した、もう大丈夫だ。

ハンドルから手をはなして両手を挙げる。

f:id:riche1977:20141111082129j:plain
写真:春日部写真店さま

 

長かった一年

シクロクロスはもとより自転車競技を始めて一年、まわりから「なんで上がれないの?」「そろそろ上がろうよ?」と認めてもらいながらもなかなか結果を出せなかった。
悔しさだけを残してオフシーズンに入り、時間のある限りロードトレーニングもした。
シーズンインと同時にカテ1、カテ2の人たちと練習も始めた。
三船さんのスクールにも行った。諏訪さんにも色々相談した。
やっとリザルトを出すことが出来た。

正直自分一人の力でここまで来ることは出来なかったと思う。

これからシクロクロスを始めよう。昇格を目指そうと思う人は、普段の練習から速い人と走ったほうがいいですよ。

いつも一緒に練習している、つんさんもこの後のレースで2位で昇格を決めた。坂手さんにスプリントで勝つなんて、、、どんだけ強いんだこのオジサンは。。。

最後のカテ1のレースまで観て充実の一日だった。
今日ひとつだけ残念だったのは、僕たちの泥先生、鬼軍曹こと代田さんが落車で骨折。年内は走れないということ。
正直ここまで自分を強くしてくれたのは、代田さんだと思う。
今日自分が勝った時も真っ先に駆け寄ってきてくれて祝福してくれた。
また不屈の精神力で復活して欲しい。怪我の回復お祈りしております。 

次は

次のAJOCCレースは野辺山。カテ2とカテ3ではスタート時間が雲泥の差。あの標高で朝一のレースは結構大変なんだよね。

レースの後テントの裏で三船さんと少しだけお話しさせてもらった。
今日の勝利報告と感謝の言葉を伝えた。
以下、三船さんと話した内容。
シクロクロスは走れるようになってくると、皆、色んな応用をしたくなってくる
だけど、そんなに難しくする必要はない。
いかにシンプルにタイムを削るかが大事だと。
観ていると派手な競技だけど、走るうえで必要なのは逆のこと。
勉強になります!

 

沢山の応援、おめでとうの言葉、ありがとうございました

 

これから奥さん峠に向かって

ホイール購入の交渉入ります!

 

DATA

天候:曇り 気温14°くらい
コースコンディション:ドライ
バイク:BOMA L'EPICE(エピス)
ホイール:手組アルミチューブラー
タイヤ:チャレンジ グリフォ 2.0気圧
ウェア:WAVEONE 長袖ワンピース
アンダー:クラフト 夏用ノースリーブ
ソックス:MAVIC
グローブ:エルゴグリップ 指切り
シューズ:SIDI MTB EAGLE 6
ヘルメット:KASK mojito 
レッグウォーマー:sugoi