Vélo riche

自転車競技やってます。主にシクロクロスという競技やってます。

シクロクロス千葉

2/1

初開催のレースを走ってきた。
千葉の幕張まで。自宅からも高速で1時間くらいなのでアクセスも良い。
最近はスタートリストもコースレイアウトも全然見ないで当日を迎えるので、今回は念のためマッドタイヤも持って行った。

自分のレース(C2)は朝一なのでアップする時間はほぼ無し。
試走を多めにしておく。
コースは舗装路と芝がメインでほんの少しだけシングルトラック。
距離も短いので周回数も結構いきそうな感じ。
タイヤは前後グリフォで空気圧は前1.9後2.0。芝のコーナーが剥げて霜が融けると滑り易そうなのと、芝に砂利が混ざっていたのでグリップを優先した。
舗装路でスピードを上げられるのは5秒くらいなので、どちらかと言うとテクニカルなコースだと思った。
平坦で固めの路面、短めのコース。
自分の苦手が三拍子揃った感じ(笑)

まあ今回は苦手なコースでどこまでやれるかをテーマとしておく。

スタートグリッドは4列目だったかな?
周りはもう見知った顔で、最近のC2はある意味で濃いメンツである。
最近苦手なことが分かったスタート。
前はイナーメの高橋さんなのでしっかり決めて着いて行きたいところ。

スターターのカウントダウン、号砲からスタート。
ペダルキャッチはなんとか出来たがギアが軽すぎた?着いて行けずにほぼ最後尾でコーナーへ。

最初のシングルトラックの入口で前が詰まる。
ポジション争いで3台くらい同時に突っ込んだのかな?
足を着いて横を見るとイルカさん、あさかさん、ますらおさん。みんなで顔を見合わせて、あ〜終わった〜みたいな雰囲気に…
ただでさえ抜きどころが無いのにここでのロスは痛い。
パックで追う意味もそこまで無いので、ここは1人づつ抜いて行くしかない。
このコースで比較的速く処理出来るのは、ホームストレートとバリアくらい。
それ以外でミスしないように我慢。
3周目に入る時に周回数が確定。
のこり10周。多いなと思ったけど、チャンスもまだあると思うことにする。

周回を重ねて少しずつ位置上げていくとマサヒフさん発見。後ろに着いて前を窺うが中々抜かせてもらえない。やっぱり上手いな、、、
ホームストレートでやっと前が開けたので、ここでパスして踏んでいく。

今どの辺りだろう?こういう時に順位をコールしてくれるギャラリーの有り難さを思い出す。
頑張ってシングルは狙いたいので、引き続き集中して前を狙う。しかし、そのあとはスリップダウンした選手くらいしか抜けず。
結局13位でゴール

ほぼミスなく走れたのは良かったけど、こういう抜きどころがないコースはレースになると本当に難しい。
フィジカル的には出し切れずにレースを終えた。

抜きどころがないコースはたとえ自分に脚があっても、序盤に前に出れないとほぼ勝つのは無理。
今回もスタートの反応やギア選択など、反省点はほとんどスタート。
もう2度と繰り返さないようにしよう。

次はお台場。
去年より砂乗れるようになってるといいんだけど…