読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vélo riche

自転車競技やってます。主にシクロクロスという競技やってます。

GPミストラル第2戦@前橋

シクロクロス レース 自転車

11/16日曜日

今日はGPミストラルの第2戦。会場は前橋。

ここは去年シクロクロスデビューした思い出の場所。

今季はAJOCCを優先する宣言をしていた気もするけど、それをやったら運転手がもう一人必要だしお金も持たないので、、、

第1戦でJE2への昇格を決めていたし、チームポイントにも貢献したいし、何よりレースを走りたいのでエントリーしました。

初めての40分レースでどこまで走れるのか?それが今回の最大のテーマだったし研究課題でした。

4時起床。

今日は家族で参戦(初!)

会場へは渋滞もなくスムーズに到着、開門の6:30ちょうど!

レースは12:15出走なので、受付と試走だけしておく。とても寒い、群馬なめてたと思ったけど東京も寒かったらしい。

基本は去年とさほど変わらない。今年は短いけど砂区間が設けられた。

お台場よりは短いし乗りやすい質の砂。だが、出口にコーナー&障害を設けてここも簡単にはさせない。試走で上手くこなせなかった、、、

後は10段くらいの階段、バリアからの土手のぼり、ドロップオフ2箇所。

高速セクションの2連バリア×2。ここは低めのバリアだが、2連の間隔が長めでバニーホップ出来ると出来ないでタイムは変わる。何よりもランで足が削られる。

小坂はバニーホップの印象なかったけど試走時は何度も練習&確認していた。

KAZU、前田公平は簡単に飛ぶので、ここで差をつけられては勝負にならないと考えてのことだろう。 

そのあとはバリエーションのあるBMXセクション。

ここは去年経験しているのと、少したけど出来るようになったプッシュ&プルでクリア。

一通り試走を終えて車へ戻る。次の試走までまで2時間はあるので観戦したりして過ごす。

二回目の試走で砂セクション何とかなってきたので、乗車でいくことにする。

久し振りにローラーでアップ。

チェーンの砂を拭いておく。こういうところまで気にすることで、機材最終チェックも出来る。 

レース

自分のレースは60分のエリート、JE1、40分のエリートマスター、エリートウーマンと混走。

最初はマジかよ。と思ったけど、こんな機会はめったにないので、自分の力を測るチャンスだと思うことに。

エリートはKAZU、小坂親子、前田公平、+4人かな?ここにSNELのたっくんも入る。

カテゴリ順で並ぶので三列目だった。エリートマスターが自分の後ろだったけど、、、

ピリピリしたムードはなく会話をしながらスタートを待つ。気温も上がってきて早めにジャケット脱げるほど。

大山さんがスタートのカウントダウン

集中する。ホイッスルでスタート、上手い人たちの中にいるせいかペダルキャッチも決まる。ただ、エリートの加速は速くて一気に離される。エリートマスターにも交わされる、つんさんにも。。。

焦らずコーナーでタイヤねじ込んで最初のバリア&階段へ。

この辺は得意(自分比)なので難なくクリア。最初の砂セクションも渋滞が予想されたので降車で交わす。

一週目終えて6分くらいだったかな?40分レースなので7周くらいかな?

いつやってもレースの1~2周目はキツい。これは変わることはないけど、心拍が上がりきるまでが一番キツい。4周目だったかな?KAZUに抜かれる。20分で1ラップされるとうことは、60分レースでは-3LAP。2kmちょっとのコースではあるがお話にならない。その後に前田公平、小坂光にも抜かれる。自分がいつも練習しているカテ1の選手と同じカテゴリーの彼らだが、明らかに走りが違う。日本代表の走りを一瞬だけど見れた。

サッカーで言うと本田や香川と同じピッチでプレーしている。カテゴリもリザルトも分けられているけど、これほど興奮する材料はないね。大山さんに感謝ですよ本当に。

そんな感じで走っていたんだけど、この4周目以降は抜かれることなくペースを刻んだ。つんさんも見えてきて並んだときに顔色みるとかなり辛そう。

自分が前に出て砂区間へ入ったんだけど、ここでミスってしましい後ろが詰まる。

つんさんごめんなさい。。。

そのあとは目立ったミスなく、たっくんも見える位置まで上げてきた。混走なので順位が全く分からなかったけどゴール。

 

リザルト

ゴール地点に4,5人いたので5~6位かな。

一緒に走った選手に挨拶して、車へ戻って着替えて帰路へ。渋滞で家族が疲れちゃっても嫌だし、買い物もあるしね。

ご飯食べに上里SAに入るとジョボさんからFBにメッセージがあり、なんだろうと開くと「おまえ三位だぞ~」一瞬固まる、、、

でも、もうラーメン頼んじゃったし、、、

戻れない旨を伝えると、代理で表彰出てくれるとのこと。

関係者の皆さん本当にすみませんでした。

 

課題と成果

課題は多かったトップの聖くんとは3分以上の差。

テクニカルな区間の遅さは致命的。パンプセクションでスピードコントロール出来ずに入って危ない場面もあった。

決定的に破綻しない走り(自分比)は出来たけど、最速のライン取り、コーナーを攻める、直線区間でスピードに乗る、砂の乗車など思いつくだけで課題は沢山。

どれもローラーだけやっていても身に付かない。

 成果は二つ、

一つは、自転車に乗っていないとき。

階段や土手登りに入るときの降車から担ぎの動作はどれも上手く出来た。

そして、夏場に今までやってきたサッカー、フットサルをクロストレーニングとして取り入れていたので、走るということにおいては自転車だけの人よりは出来たかな。

自転車のレースなんだけどな。。。

二つ目は、40分間大タレせずに走り切れた事。筋肉的にはギリギリのところだったけど、心肺は対応出来ていたので引き続きVO2maxトレーニングで強化していきたい。

 トレーニングに関して

コーナーのライン取りがまだ良くない。エリートのトップ5はかなり攻めていて、バイクの倒し込みが全然違った。ローラーでVO2maxのメニューだけやっていてもこの辺は速くならない。もっと実走でこの辺を鍛えたい。

 次は野辺山2連戦。シーズン最初の山場、このお祭りレースで全国での自分の位置も見えると思う。残り2週間しっかりトレーニングしてコンディション上げていこう。

DATA

コースコンディション:ドライ
バイク:BOMA L'EPICE(エピス)
ホイール:手組アルミチューブラー
タイヤ:チャレンジ グリフォ 1.8気圧
ウェア:WAVEONE 長袖ワンピース
アンダー:クラフト 夏用ノースリーブ
ソックス:MAVICショート丈
グローブ:エルゴグリップ 指切り
シューズ:SIDI MTB EAGLE 6
ヘルメット:KASK mojito 
サングラス:OAKLEY RADAR/ポジティブレッド